まちの整骨院 GOMグループ 株式会社グローバル・オリエンタル・メディシン

人・街・元気に!まちの整骨院グループ

高野台

離断性骨軟骨炎

2021.04.20

こんにちは😃

高野台まちの整骨院です

 

 

今回は、離断性骨軟骨炎 についてご紹介します。

 

 

離断性骨軟骨炎(野球肘)とは

 

関節内の軟骨が剥がれ落ちてしまう障害で、成長期の小中学生(男性に多く10歳代が好発年齢)に多く発症します。

 

膝関節では大腿骨の内側が85%、外側が15%の頻度で、まれに膝蓋骨にも起こります。

 

 

【原因】

成長期のスポーツをしている子に稀に起こり、繰り返されるストレスや外傷により

軟骨下の骨に負荷がかかる事が原因と考えられています。

血行障害により軟骨下の骨が壊死し骨軟骨片が分離、遊離してしまう。 

 

 

 

【症状】

初期の頃は、運動後の不快感や鈍痛の症状は出ません。関節軟骨の表面に亀裂や変性が

生じると疼痛も強くなり、スポーツなどで支障を来します

さらに、骨軟骨片が関節の中に遊離すると膝の曲げ伸ばしの際に引っかかり感ズレ感を生じ、

関節に挟まると膝がロックして動かなくなってしまいます。

 

 

 

【治療法】

・身長が伸る発育期で、骨軟骨片が安定していれば免荷歩行や膝関節の

 安静などの保存的治療を選択します。

 

・発育期以降では、関節鏡視下に患部の数カ所に穴を開けて出血させ治癒機転を促進させます。

 

・保存療法で治療効果がない例や骨軟骨片が剥離し遊離する

 例では整復固定術を選択し、不安定な骨軟骨片を骨釘や生体吸収性ピン

 などを使用して固定します。


・遊離骨軟骨片の状態が悪く骨癒合を期待できない時は、自家骨軟骨片を数ヵ所に

 移植するモザイク手術があります。

 

 

発育期では安静や免荷などで自然治癒することが多く早期診断と治療が大切です。

 

お身体の不調や痛みがありましたら気軽にご相談ください😄

ライン・ホームページ・お電話での問い合わせも受け付けております!

 

           ✳️高野台まちの整骨院 ホームページ✳️

https://www.machino-seikotsuin.jp/shop-takanodai

 

 

✳️LINEでのご予約はコチラから✳️

https://lin.ee/h2pfokL