まちの整骨院 GOMグループ 株式会社グローバル・オリエンタル・メディシン

人・街・元気に!まちの整骨院グループ

高野台

滑膜ヒダ障害(タナ障害)

2021.04.13

みなさん、こんにちは😊

高野台まちの整骨院です

 

 

今回は、滑膜ヒダ(タナ)障害についてご説明します。

 

 

 

【滑膜ヒダ障害とは】

ウオーキングやランニング、自転車等の運動時に膝のやや内側に痛みがあり、

引っかかる感じがします。

 

 

コリっと音が鳴る

常に膝周りが重く、違和感がある

押すと痛みがでたり、運動すると痛みが強くなる

 

 

軽い違和感から強い痛みまで症状様々です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【原因】

滑膜ヒダ(タナ)とは、膝関節の内側(大腿骨と膝関節の間)に存在する

滑膜ヒダのことをいいます。

ヒダは成長するとともになくなるものですが、5~6割の人が残ると言われています。

スポーツなど、屈伸運動が多い競技は滑膜ヒダに過度なストレスがかかる為

損傷、炎症が起きて痛みを引き起こします。

刺激が繰り返されることにより肥厚・硬化する事もあります。

 

 

【症状】

階段を上がる時や、椅子から立ち上がる時に

“コツッ“と音がして膝蓋骨(お皿)の内側に痛みを伴う

 

 

【治療】

急性期の炎症がみられる場合には、アイシングで冷やしたり

電気治療で痛みや炎症部分を緩和させていきます。

同時に膝関節の柔軟性を高めるために、大腿部前面の筋肉(大腿四頭筋)や

後面(ハムストリングス)の筋肉をマッサージやストレッチをして

関節にかける負担を減らします。

 

【予防】

運動する際に、激しい屈伸運動等で滑膜ヒダに外的刺激が入ることにより

炎症を起こし痛みがでる状態になります。

予防としては、大腿部周りの筋力強化や柔軟性を高める事により

膝関節にかかる負担も軽減し、怪我をするリスクが減ります。

 

お身体の不調や痛みがありましたら気軽にご相談ください😄

ライン・ホームページ・お電話での問い合わせも受け付けております!

 

 

                                                                                                                       ✳️高野台まちの整骨院 ホームページ✳️

https://www.machino-seikotsuin.jp/shop-takanodai

 

 

✳️LINEでのご予約はコチラから✳️

https://lin.ee/h2pfokL