まちの整骨院 GOMグループ 株式会社グローバル・オリエンタル・メディシン

人・街・元気に!まちの整骨院グループ

春日部

冷房病について

2021.08.12

こんにちは。

あまちの整骨院春日部東口です。

 

各地で体温越えの暑い日が続いています。

体調を崩していないでしょうか?

今回は冷房病についてのご紹介です。

冷房病イラスト/無料イラストなら「イラストAC」

気温が上がってくると熱中症が増えてきます。

熱中症の対策としてエアコンをよく使います。

クーラーはとても良いものですが、使いすぎるとクーラー病(冷房病)

になってしまうかもしれません。

 

クーラー病(冷房病)とは何か?

夏になると体は発熱を抑制し熱を逃がしやすい体質に変化します。

毛細血管を広げ放熱しやすくし汗をかいて体温を下げようとします。

夏の体質のため、冷房の効いた涼しい室内にいても、体は体温を下げようとして

冷えてしまいます。

外出先と室内との激しい温度差によって自律神経のバランスも崩れやすくなります。。

暑いときの体内の熱寒いときの体内の熱

自律神経は体温調節発汗などのコントロールをしているのでバランスが崩れると冷えに対し

抵抗力が弱くなってしまいます。その結果、足の冷えだるさ肩こり頭痛食欲不振

下痢不眠など、冷えによって起こる様々な症状がクーラー病(冷房病)と言われるものです。

 

対策は?

冷房病・冷え性の予防ポイント

(1)エアコンの設定温度は25~28℃を目安にし、寒さを感じないレベルにする。

(2)エアコンのきいた部屋と外気との温度差は3~4℃が理想。

(3)エアコンの風には直接当たらないようにする。

(4)腹巻や厚手の靴下など、服装で自衛する。

(5)エアコンのきいた場所では温かい食べ物・飲み物を。

(6)適度に体を動かし、血流の改善を。

(7)シャワーより入浴(低めの湯温で)。

(8)ストレスをためないようにする。

 

 

熱中症で倒れてしまうより冷房をつけて倒れないようにすることは大切です。

ただ、冷え過ぎは過ぎは良くありません。

気づかないうちに体は冷えてしまっている場合があるので

工夫をして体の深部と足先を冷やさないようにしましょうね。

 

LINEからのご予約やお問い合わせ等、お気軽にご相談ください。

 

📮344-0061
埼玉県春日部市粕壁1-2-8
☎️048-708-2291

春日部東口院
  LINEでのご予約はこちらから

      👇👇

https://lin.ee/LzPxjbS