まちの整骨院 GOMグループ 株式会社グローバル・オリエンタル・メディシン

人・街・元気に!まちの整骨院グループ

春日部

群発性頭痛について

2021.11.25

こんにちは。

まちの整骨院春日部東口です。

 

今週は慢性頭痛の分類での群発性頭痛についてご紹介です。

 

群発頭痛多くの場合男性に起き、痛みとしてえぐられるような

強いもの突き刺されるような強いものが片方の目の奥におきます。

頭痛発作は、多くの場合半年~数年に1回くらいの頻度で起こりやすいようです。

一度起きれば1ヶ月~2ヶ月間も、激しい頭痛がほとんど毎日のように継続し、

さらに決まった時間に1日に1回~数回起きると言われています。

頭痛発作がよく起きるのは、明け方や深夜の時間帯であると言われています。

不定期にたまに起きる場合もありますが、だいたい時期が決まっているような人が多くいます。

群発性頭痛の原因

群発頭痛は、仕組みが分かっていないため、要因としてはっきりしたものも分かっていません。

しかし、群発頭痛が起きるきっかけになり得るものとしては、次のようなものがあります。

1、血管の炎症や拡張

目の奥辺りにある三叉神経が痛みを感じ、栄養を脳に運搬する血管に炎症が起きて

腫れて拡張することが、頭痛を引き起こします。

2、飲酒
飲酒することによって、群発頭痛が引き起こされたり、頭痛が起きている際に

飲酒をすればひどい頭痛になったりすることが、一つの要因であると言われています。

3、気圧の急激な変化
気圧が飛行機に乗った場合に急激に変わります。

また、身体の調子が時差などによって悪くなって、群発頭痛が起きる場合があります。

4、体内時計が狂う
時差にも関係することですが、決まった時間や時期に群発頭痛は起きるということがあります。

このため、体内時計という生まれたときから持っていると言われているものが狂うことによって、

頭痛が起きていると考えられています。

 

群発性頭痛の症状

主な群発頭痛の症状としては、

・ほとんど毎日1ヶ月~2ヵ月間に集中して頭痛がおきる

・頭の片方が必ず痛む

・片方のみの目の周りや奥に痛みが起き、頭の片方や上あごの付近に拡大する

・激しい目の奥の痛みがある

・じっとしていることができないような痛みがある

・1回~2回1日に起き、15分間~3時間1回の痛みは継続する

・ほとんど同じような時間に毎日痛み始める(朝方に痛みが強くて目が覚める場合が多くある)

・痛みは動くと紛れる(非常に痛いため動き回っている)

・痛み以外には涙や目の充血、鼻水など

 

群発性頭痛の治療

症状が強い場合は病院を早めに受診しましょう。

「群発頭痛」の病院での治療法は、薬物療法と純酸素吸入法による治療が中心になります。

薬物治療では、注射キットを携帯し、発作時に自己注射することも保健で認められているようです。

群発頭痛の予防策

1、日常生活の中で、できるだけ頭痛を誘発する原因を取り除く

2、登山や飛行機に乗って頭痛が起きる場合は前もって、医者に相談する

3、頭痛が出ている期間は禁酒・禁煙をする

 

「群発頭痛」は整骨院で改善することは難しいかもしれませんが、

肩こりや肩甲骨周り、首周りの緊張をほぐし、

睡眠時の不快感などを取り除き、質のいい睡眠ができるように身体を整えることができます。

またマッサージや鍼灸治療で全身をほぐすことで、

日常のストレスから解放され頭痛の予防に繋げることができます。

マッサージを受けている男性のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや鍼治療のイラスト(女性) | かわいいフリー素材集 いらすとや

 

LINE(cellphone)からのご予約や
お問い合わせ等、お気軽にご相談ください(star)

 

📮344-0061
埼玉県春日部市粕壁1-2-8
☎️048ー708ー2291

春日部東口院
  LINEでのご予約はこちらから

      👇👇

https://lin.ee/LzPxjbS