まちの整骨院 GOMグループ 株式会社グローバル・オリエンタル・メディシン

人・街・元気に!まちの整骨院グループ

春日部

正中神経麻痺

2021.03.25

#正中神経麻痺

 

こんにちは。

まちの整骨院春日部東口です。

だんだんと気温も上がってきて桜も開花し過ごしやすい気候になってきましたね。

 

今週は正中神経麻痺についての記事になります。

手・指のしびれ | アーク鍼灸整骨院|南九州市・指宿市・枕崎市で整体・交通事故治療

【病態】

正中神経麻痺とは、腕や指の運動や感覚を支配する正中神経が障害され、運動障害や感覚障害を起こす状態を指します。 

正中神経は首の腕神経叢を出たのち上腕骨に沿って走り、前腕では橈骨と尺骨の間を走り手根管をくぐりぬけて、主に手の親指側に分布します。

 

 

 

【原因】

・骨折や開放創やケガ

・神経炎

・腫瘍・腫瘤

・ガングリオン

・「絞扼性神経障」

神経が走行する部位が周囲の構造物に挟まれている場合にもおこります。

このような原因でおこる麻痺を絞扼性神経障害(こうやくせいしんけいしょうがい)」と言い、

代表的なものには手根管症候群があります。

これは正中神経が手首にある「手根管」というトンネル内で圧迫された状態で起こります。

妊娠・出産期更年期の女性に多く見られ、そのほか骨折などの怪我、仕事やスポーツでの使いすぎなどで見られます。

【症状】

・手根管症候群

親指・人差し指・中指薬指の親指側半分の手のひら側だけがしびれる。

初期や軽症のときは、ひとさし指・中指のしびれだけのこともあります。

朝目がさめたときにしびれや痛みが強くなり、手指を動かすと軽くなるのが特徴です。

正中神経障害

・前骨間神経麻痺

前骨間神経は、肘辺りで分かれる正中神経の枝の一つで、親指(拇指)と人差し指(示指)を支配する神経です。

骨折や創傷などでこの部分に損傷を受けると、前骨間神経麻痺の症状が出ます。

親指の付け根がやせて親指と人差し指できれいな丸(OKサイン)ができなくなり、

物をつまんだり、縫い物などの動作がしづらくなります。

【治療】

手術

神経を損傷している場合には、神経剥離、神経のくびれ部分を切除・縫合する手術をおこないます。
さらに、麻痺した腱に対し腱移行手術をおこない、機能の回復を図ります。

保存療法

〇局所の安静を保つ。
〇内服薬の処方(ビタミン剤の処方)

 

(整骨院での治療)

しびれに対しては原因として硬くなっている筋肉や血液のめぐりが悪くなっている神経に対して

マッサージや、はり通電などの「はりきゅう治療」が有効となることがあります。

〇マッサージ

正中神経が走行する筋肉の緊張を緩和します。

〇鍼治療

筋緊張の緩和や神経を刺激することにより、神経細胞の活性化を促し、本来身体に備わっている自然治癒能力の向上、

血流量の改善などを図ります。

 

痺れや違和感をそのままにしてしまうと症状がよくならないだけではなく悪化してしまうかもしれません。

神経の症状は楽になるまで時間がかかるものも多い為早めの受診をオススメします。

 

治療についてのご相談や何かお困りの事がございましたら

お気軽にご連絡ください.

 

📮344-0061
埼玉県春日部市粕壁1-2-8
☎️048-708-2291

春日部東口院
  LINEでのご予約はこちらから

      👇👇

  https://lin.ee/pC1mp5a