まちの整骨院 GOMグループ 株式会社グローバル・オリエンタル・メディシン

人・街・元気に!まちの整骨院グループ

武里

最近、お水飲んでますか?

2020.12.11

こんばんは🌛まちの整骨院武里駅前です😊

 

気づけばもう師走も半ば。職場でも家庭でも何かとあわただしい季節になりましたね。

さて、唐突ですが最近お水は飲まれていますか?

あの暑かった夏は熱中症対策などで十分気を付けていたのに涼しくなってから気にしなくなっている方も少なくないのではないでしょうか?

 

人体の約60%は水分で構成されています。

毎日食べ物や飲み物などから2リットル程度の水分を摂取し、尿や便、汗などで同じくらいの量の水分が代謝されています。

実は季節が変わってもこの代謝、あまり変化がありません。ですのでこの時期、熱中症の危険は去りましたが脱水予防などに水分補給の重要性は夏場と変わらないんです。

 

風邪などの対策にも水分補給

寒くなってくると身近な人や周囲の人で風邪をひかれている方を多く見かけるようになると思います。風邪対策の王道であるうがい、手洗いに加えて「水分補給」も大事な予防策のひとつです。風邪やインフルエンザの原因となるウイルスは、乾燥した状態で活発に活動します。反対に湿度50%以上になると活動が急激に低下します。水分補給は喉や鼻の粘膜をうるおしてウイルスの侵入を防ぐと同時に、侵入したウイルスを痰や鼻水によって体外に排出する作用を助けます。また、風邪をひいてしまったら発熱や食欲低下、下痢、嘔吐などの症状により体からの水分排出が多くなりますので、普段以上にきちんと水分を補給するようにしましょう。

今年は特に新型コロナウイルスが猛威を振るい、最近また感染が拡大してきています。例年以上に予防意識を高め体調管理に気を付けてください。

脳卒中、心筋梗塞予防にも水分補給

冬場には脳卒中や心筋梗塞の発症が増えます。これは寒くなって血圧が上昇することも一因ではありますが、水分補給も大いに関わっています。寒くなって汗をかかなくなり、のどの乾きを自覚しにくくなる冬場は水分摂取が少なくなります。水分摂取が少ないと、血液の粘度が上がり、いわゆる「ドロドロ」の状態となります。ドロドロ血液によって血管が詰まりやすくなり、結果として脳卒中や心筋梗塞を引き起こす可能性が高くなります。

脳卒中、心筋梗塞予防のためにも冬場も水分補給をオススメします。

 

 

また、水分が不足して脱水状態になると筋肉も疲れやすくなったり痛みが出やすくなったりします。適切に補給して生活にも潤いを持たせましょう。

 

お体のことについて気になる方はお気軽にお問い合わせください。

LINEでも受け付けております。

友だち追加はコチラ

↓ ↓ ↓