まちの整骨院 GOMグループ 株式会社グローバル・オリエンタル・メディシン

人・街・元気に!まちの整骨院グループ

南桜井

顎関節症について

2022.02.16

こんにちは!

まちの整骨院南桜井の鈴木です。

 

 

現在冬季オリンピックが開催されていますね。

夏季に比べると興味のあるスポーツが少ないという印象でしたがいざ観戦してみるとどの競技もとても面白く盛り上がりますね!

特にアイスホッケーは不安定な氷の上で小さなパックを巧みに操っているのを見てとても驚きました。

この機会に今まで見たことのないスポーツを見てみるのもいいかもしれません。

 

 

 

今回は顎関節症についてです。

最近はマスクを着けていることで無意識のうちに歯を噛みしめてしまい、顎が痛いという方が増えているそうです。

 

 

顎関節症とは

口を開こうとすると顎の関節や顎を動かす筋肉が痛む、あるいは十分には大きく口を開けられない

または口の開け閉めで顎関節に音がする。という症状がでます。

 

原因によっていくつかのタイプに分けられます。

①筋肉痛タイプ

②捻挫タイプ

③クッションのずれタイプ

④骨の変形タイプ

 

歯の噛みしめすぎで起こるものは①筋肉痛タイプです。

側頭筋咬筋という、口を動かしたり咀嚼したりするのに重要な筋肉に炎症が起きる顎関節症です。

 

・我慢すれば口は開けられるが、口を開けた時に痛む。

・片頭痛がする。頬がだるい、重い。頬が腫れぼったい。顔がゆがむ。

などの症状があります。

 

画像の筋肉を指の腹で押すと痛みがあったり、コリコリするという方は筋肉が硬くなっているのでマッサージをしてほぐしましょう!

人差し指から薬指を使って、円を描くように揉んだり、上下にゆらすように揉むと効果的です!

 

マスクが当たり前になったきた中で増えてきている顎の痛みですが、しっかりケアをして予防、改善をしましょう!

 

 

痛みのご相談ありましたらお気軽にお問い合わせください(star)

 

❇LINE❇でのご予約受け付けております(cellphone)

 

     ☑こちらをクリック☑

             ?? 

         https://lin.ee/wnWmS47

 

            ?344-0115
        埼玉県春日部市米島1186-15

         ☎️048-876-9178