むちうちについて

むち打ち症の大きな特徴として、交通事故直後には大きな痛みが
現れない場合があるという事です。
大抵の場合、交通事故後、しばらくして様々なむち打ち症の症状が
出てきます。
交通事故直後に首に痛みが無くとも、必ず整形外科、整骨院など
医療機関で診察を受けて下さい。
一番多くみられるむち打ち症の症状は、首の後ろの痛みや凝り、
違和感、強張りなどの頚部局所症状(頚椎捻挫型)です。
また、肩、背中の痛み(僧帽筋、棘上筋、棘下筋、脊柱起立筋、
大菱形筋、小菱形筋など)、腕のしびれ、頭痛、頭痛、のぼせ、
吐き気、倦怠感(バレリュー症状型)などが現れる場合もあります。
その他、耳や目、胸部、腰部、下肢などに、変調をきたす事もまれ
ではありません。

むち打ちの初期症状 について

まず、大きな事故の場合でも、交通事故受傷直後のむち打ち症の症状は、直ぐに出ないと思って
下さい。激しい運動や、同じ姿勢を続ける事は避け、出来る限り頚部を安静に保ち、必ず整形外科や
接骨院などの医療機関で診察を受けましょう。少しずつ、首の痛みや違和感、頭痛、頭重、倦怠感など
が強くなる事がありますが、交通事故後10日前後までには、だいたいの症状が出てきます。

頚椎の周りの筋肉や靭帯などの損傷で最も多くみられ、
むち打ち症全体の70%~80%を占めているとされています。
首の後ろや肩の痛み、背部痛・首を伸ばすと強くなります。

頚椎に変形があったり、ならびに歪ができると神経が圧迫されて症状が現れます。首の痛みや腕のだるさだけではなく、腕、顔面の痛み・後頭部のしびれなどが現れます。

血行をつかさどる交換神経が損傷したり、椎間板や筋肉による圧迫によって、頚椎に沿って走っている椎骨動脈の血流が低下することによって起こると考えられています。
頭痛・めまい・耳鳴り・鼻障害・顔面痛・顔面紅潮・咽頭
知覚異常・吐き気など症状が現れます。

頚椎の脊柱管を通る脊髄が傷つくことにより、下肢に伸びている神経が損傷されて、下肢のしびれや知覚異常が起こり、歩行に支障をきたすようにことがあります。また膀胱

事故の直後は痛みがなく自覚症状がなくても、2~3日後からだんだん症状が
現れることがあります。
そのまま放置にすることで回復が遅れる場合もあります。
首の痛み・頭痛・肩こり・めまい・吐き気・手足のしびれなど少しでも異変を
感じたら、症状がひどくなる前に早めの受診をお勧めいたします。

患者様の声はこちら

このページの先頭へ