腰痛・肩こり・頭痛・四十肩・五十肩・膝関節痛・顔面神経麻痺・坐骨神経痛・肋間神経痛・ぎっくり腰・冷え症・生理痛・逆子・不妊・便秘・眼精疲労・不眠・疲労回復・滋養強壮・呼吸器疾患など。

鍼灸治療の動画を見る

伝統的な中国医学(東洋医学)療法のひとつです。
3000年の歴史があり、副作用がなく、安全で、人間本来がもつ
免疫力を高める治療方法です。
鍼を使ってツボに刺したり、温めることによって、病気の治療、
予防ができます。
当院の鍼治療はお一人お一人の症状をよくお伺いし、やさしく
丁寧に治療しますので鍼治療が初めての方でも大丈夫です。

■ 筋緊張の緩和・疲労の回復
筋肉は刺鍼すると、反射的に緊張を緩めることができ、筋疲労の回復を促進します。
また、新陳代謝が高まり、疲労が回復します。肩のこりや痛み、スポーツ等での疲労回復にも効果が期待できます。

■ 痛みや症状の緩和
鎮痛効果を利用して痛みを緩和することができます。
関節、筋肉痛や神経痛、さらに頭痛、怪我などによる痛みなどを和らげます。

■ 内臓機能の改善
鍼のような体表の刺激が内臓に影響を与えると考えられております。
ツボに鍼をさして、その刺激を内臓に与えることにより、不調になりがちな内蔵の状態を改善することがきます。
不快感や便秘や下痢などの症状を改善させることができます。

■ 自律神経系の調整
全身の体調を整えることができます。
ストレスによりバランスを崩した自律神経系を調整することができます。
血管を広げる作用で冷えを改善したり、ホルモンバランスを調整して更年期障害などの症状を和らげます。

■ 免疫機能を高める
外敵から体を守る、免疫機能を高めます。
刺鍼をすることで、病原菌やウィルスを退治する免疫細胞を増やすことができます。
それにより、感染症などの予防につながります。

■ 痺れなどの神経症状の改善
鍼により神経に刺激を与えることで、神経に巡る血流を増加させることができます。
その結果ダメージを受けて回復を促し、痺れなどの症状を改善させます。

病院の検査により、「顔面神経麻痺」と医師に診断された
場合は、病院の治療と並行して鍼治療をお薦め致します。
鍼治療はとても効果があり、血流を活性化し、血気の通りを
よくします。そうすることによって麻痺していた神経は徐々に回復
してきます。マッサージや鍼での刺激は血行を良くし、表情筋
の強ばりを防ぐのに効果的です。

当院では、椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症と病院で診断を受けた方にとても効果が出ている、最新式のベッド「フレクションエレベーションテーブル」を導入しています。

数多くの方に「手術せずにすんだ!」「長年の痛みが解消した」と喜ばれる特殊ベットを使った治療法です。

腰の痛みを軽減するための腰痛体操は、医師 P.Williams の
考えたウィリアムス体操、理学療法士 R.Mckenzieが考えた
マッケンジーエクササイズが主流となっています。
この特殊ベット治療は背骨に対して牽引が加わり腰痛体操を
自動で行うので腰に負担も無く簡単にできます。

■ ウィリアム体操
腰を丸める(屈曲する)ことで脊柱管を正常な状態に戻します
■ マッケンジーエクササイズ
腰を反る(伸展する)ことで椎間板を正常な状態に戻します。

特殊ベッド治療の動画を見る

当院では一般的な矯正方法の他に、痛くないソフトな矯正法も取り入れ矯正治療も行っております。

一般的になじみのある「ボキボキ」という矯正方法です。 
背骨の問題のあるサブラクセーション(ズレ)に対して、手によって
矯正を施す行為です。
背骨の問題箇所の状態(傾きやずれの方向や程度)を導き出し
(リスティング)、同部位を瞬間的に矯正(スラスト)します。
その際には、適切なコンタクト(接触)、適切な矯正の方向と深さ、
人体に負担をかけないような瞬間的な矯正スピードが必要と
されています。
人間の持つ自然治癒力を最大限に引き出しすばらしい効果を
もたらしています。骨盤の歪み、背骨の動きの悪さなど取って
くれるとても効果的な矯正方法です。

矯正の動画を見る

アクティベータ矯正は、神経の流れを正常にするために、効率よく、必要最小限の矯正ができるように、アクティベータと呼ばれる
小さな施術器を使って施術します。
患者の皆さんに恐れや不安を感じさせるような強い手技矯正法
ではありません。
矯正施術は、ほんの一瞬です。関節が動く幅は、わずか1mm程
にすぎません。ほとんど痛みを感じることはありませんので、安心して施術を受けられます。

瞬時に神経の流れが正常になります。脳の中枢神経と末梢神経の反射が改善し、サブラクセーション(ズレ)が消えます。
やさしい施術なので、生後まもない赤ちゃんの施術もできます。
ご高齢の方にもできる矯正方法です。

1950年代にクレイ トムソンによって開発されたベット形のテーブル、最小の
力で安全に矯正ができるよう開発されたもので、そのテクニックを「トムソン
テクニック」と呼ばれています。
開発から長年改良を重ね、現在も「トムソン テクニック」とともに、多くのカイロプラクティックに採用されています。
日本に導入されたのは、塩川満章 D.C.によって「トムソン テクニック」とともに導入されたといわれ、いかなる年齢層の方にも安全にからだ(関節)をいためることなく矯正するためには、なくてはならないものとなっています。
当院のトムソンベットはロイド社製の特殊機能の付いたベットになります。

特殊ベッド治療の動画を見る

このページの先頭へ