腰痛

肩痛

頭痛

神経痛

脊椎分離症・腰椎分離症の症状

腰痛症のような痛みが出て、ときには下肢の痛みやしびれもあります。 同じ姿勢を長くしていると、腰が痛くなる、背中を後ろに反らせる、腰掛ける、立つ、歩くなど同じ動作を続けるのが辛い激しい運動中に急に腰が抜けるなどが一般的な症状。 腰椎の後方部分(椎弓)が切れた(骨折)結果、脊柱が不安定になる 激しい腰のひねりや強い前屈、背屈が原因になる事が多い激しい運動をする若いスポーツマンに多く見られる。 など さまざな腰に痛みをだす疾患がありますのでしっかりと把握することが大切です。

ぎっくり腰 (急性腰痛)

腰痛症(筋膜性腰痛症)いわゆる、ぎっくり腰の「症状」 中腰でものを持ち上げたり急に立ち上がろうとした時に激痛が走る  ・前にかがんだだり長く座っていると時に痛む  ・寒いところで仕事をした時痛むなどが一般的な症状

脊柱管狭窄症とは

下肢へ行く神経の本幹は腰椎の中心にある管(腰部脊柱管)の中を頭の方から体の下のお尻のほうへと収まっています。この管が何かの原因で細くなり、中に通っている神経を圧迫するようになると腰痛、下肢神経痛、下肢しびれ感が出てきます。 多くは、安静時はほとんど症状はなく、歩きだしたりすると痛みやしびれ感が出てきて歩行困難となります。 しかしその場で立ち止まる、椅子に座る、しゃがみこんだりすると痛みやしびれ感、腰痛などが改善されてまた歩行可能になります(神経性間歇跛行)。 神経の圧迫が進むと、痛み、しびれ感だけではなく足の力が入らない(麻痺症状)、股の部分がしびれておしっこがわからない(膀胱障害・・尿失禁)、便意が鈍くなり永く便秘が続くなどの症状(直腸障害)も出てきます。 夜中に下肢痛がひどく睡眠障害となることもあり、中年期~老年期にかけて発症することが多いです。

腰部椎間板ヘルニアとは

 ・腰から足先にかけてしびれや痛み、筋力の低下など  ・せきやくしゃみでも激痛がおこる  ・神経根を圧迫して坐骨神経痛などの症状を引き起こす  ・脊髄神経(神経根)を圧迫するため、坐骨神経痛等の症状を引き起こす  ・ひどい場合は排尿ができなくなる場合もある 腰を曲げないと痛みで立っていられないほどの腰痛と下肢の痛みがある 前傾姿勢・イスに腰掛けるの辛く横になっているのが楽というのが一般的な症状。

四十肩・五十肩

四十肩、五十肩は肩の関節周囲に痛みや運動の制限などが現れる症状で、骨折、脱臼や腱版の断裂などの明らかな原因が見受けられないものをいいます。しかし、過去にこういった外傷を負ったことがあると、それらが要因として考えられることもあります。 長年にわたり肩を使ってきたことで関節の周囲にある鍵板や関節包が磨耗します。これらがちょっとしたきっかけで傷ついてしまうと、炎症が起こって痛みが生じてしまうのです。 痛みは人それぞれで、動かすとちょっと痛む程度という人もいれば、動かした瞬間激痛が走る、触れただけで痛い、何もしなくても痛くてしょうがない、痛みで眠れないという人もいます。痛む部位も人によって違います。

上腕二頭筋長頭炎・烏口突起炎

上腕二等筋は二の腕の筋肉、いわゆる力こぶを作る筋肉です。この筋肉は長頭と短頭の二つに別れて肩の関節にくっついているのですが、そのうちの長頭は上腕骨の前方にある、結節間溝と呼ばれる狭い溝を通ります。この狭い溝で筋肉がこすれ、痛みが出てくるのが上腕二頭筋長頭炎と呼ばれるものです。肩の前方部分に痛みが出ることが多いですが、上腕二頭筋を使う動作、たとえばドアノブをまわす動作などで痛みが出ることがあります。 烏口突起とは肩甲骨から伸びていて、前方に飛び出している部分の名前です。ここには上腕二頭筋の長頭、短頭のほかにも上腕筋や小胸筋と呼ばれるものなど様々な筋肉が周囲に存在します。ここに炎症が起きたものが烏口突起炎と呼ばれるものです。肩の前方に痛みが出現し、ここを押すと非常に痛みます。

関節包炎・滑液包炎

関節をスムーズに動かす働きをしているのが関節包・滑液包と呼ばれる組織です。特に肩に存在するもので肩峰下これらも使いすぎや打撲、捻挫などの外傷によって傷ついてしまうと炎症を起こし、痛みを生じて動かすのに支障が出てきます。

腱板炎・腱板損傷

肩の関節には実に多くの筋肉が存在し、これら筋肉にはそれぞれに役割があります。 肩甲骨から起こる筋肉の腱がいくつか集まったものを腱板(回旋筋腱板)といい4つの筋(棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋)からできています、この腱板は腕を支え、安定させています。 また、腱板は肩の運動に非常に重要な役割を果たしています。この腱板がスポーツなどによる使いすぎや加齢に伴う変化などによって傷ついてしまうことがあると、肩に痛みが生じてきます。

緊張型頭痛

頭が締め付けられるような、圧迫されているような痛みが出るのが特徴で、持続した痛みが続きます。肩や首筋にコリがあったり、目が疲れやすい、だるさがある、また、ふわふわとしためまいが出ることもあります。 緊張型頭痛には大きく二つの原因が考えられます。 一つ目に同じ姿勢をとり続けるなどして肩首周りにストレスがかかり、頭を支える筋肉が緊張してきます。緊張した筋は血流が悪くなり、首や後頭部に痛みが起こります。 二つ目に、不安やうつ状態などが長期間続くと、精神的なストレスがたまり、神経や筋肉の緊張が高まります。すると、痛みを調整する脳の機能が働かなくなり、頭痛が起こります。

肋間神経痛

肋間神経は、肋骨の間を走っていて、背中(胸髄)から出て、胸腹部に分布する末梢神経(胸髄神経)で、右側と左側のそれぞれに12本計24本あります。上部(首に近いほう)の7対は肋骨に沿い、肋骨に向かって伸びています。下部(腹部のほう)5対は、前下方に向かって伸び、腹部に分布します。   この肋間神経に沿って痛むのが肋間神経痛です。症状は背骨から片側の1本の肋骨に沿って激しい痛みが突然起こります。肋骨に沿った部位や腹直筋の上で押すと痛みのおこる圧痛点が存在することが少なくありません。帯状疱疹ウイルスやコサッキーウイルスによる感染や風邪などでもおこる場合があります。その他、狭心症や胸膜炎などの内臓疾患の放散痛としてあらわれることもあります。  深呼吸をしたり、咳、くしゃみ、大声などで痛みが誘発されるほか、痛みの無い側へからだを曲げ、肋間神経を伸ばすようにしても痛みが誘発されます。

坐骨神経痛

坐骨神経は人体中で最大最長の末梢神経で、鉛筆の太さくらいもあり、1m以上もある長い神経です。腰椎下部と仙骨上部に始まり、骨盤を貫通して大腿後面に沿って下行し、ひざの後で分かれて下腿の前後面に分布します。このため、この神経が刺激されると片側のでん部、大腿の後面、ふくらはぎが痛み、踵やくるぶしのほうまで痛みが響くことがあります。原因は色々あって、椎間板ヘルニア、腰椎症、腫瘍などでも起こることもあるので必ず専門医の検査を受けて原因を明らかにし、治療することが大切です。   症状としては安静にしても多少痛みが続いていることが多いものです。咳やくしゃみなどで痛みが下方にまで響き、からだを曲げたりすると痛みが強くなります。また、脚のしびれ、知覚のにぶさ、腱反射の異常などがみられる場合もあります。

このページの先頭へ