まちの整骨院 GOMグループ 株式会社グローバル・オリエンタル・メディシン

人・街・元気に!まちの整骨院グループ

春日部

熱中症について

2020.05.16

こんにちは!

まちの整骨院春日部市役所通りです。

この一週間で暖かな空気と強い日差しの影響で気温が上がり、日中の最高気温が30度以上の

真夏日が各地で観測されています。新型コロナウイルスの感染防止策としてマスク着用が

推奨されていて、外出時や運動時の着用では熱中症のリスクが高まると予想されています。

  熱中症のイラスト無料素材

熱中症とは

熱中症とは、体温が上がり、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温の調節機能が働かくなったりして、

体温の上昇めまいけいれん頭痛などのさまざまな症状を起こす病気のこと。

 

原因

体内で過剰な熱が作り出されていたり、熱の放出がうまくなされなかったりする状態が主な原因となります。

こうした要因が大量の発汗を引き起こし、汗とともに体内の水分や塩分などが消失することで、

血圧の低下筋肉の硬直といった症状をもたらします。

強い日光や反射熱にさらされる屋外での運動だけでなく、高温多湿の環境下では屋内であっても注意が必要です。

また、曇りの日や夜間でも、湿度が高い、風がないといった条件で発症することがあります。

気温や湿度、風の有無、日差しの強さなどの気象条件が発症率に大きく影響する場合が多いです。

   WBGT値による熱中症の危険性

マスク熱中症

マスクを着ける口の周りは感覚神経が密集し、体の他の部位より暑さを感じやすいです。

夏はマスク着用で体感温度が上がる傾向があります。

マスク着用中はマスク内の湿度が上がるため喉の渇きを感じにくくなります。

特に高齢者はもともと喉の渇きを自覚しづらく、知らないうちに脱水が進んでしまいます。

新型コロナの予防でマスクを外してはいけないとの思いから、水分補給も避けがちになります。

 

熱中症の対処法

(軽度の場合)

めまい、立ちくらみ、汗を拭いても拭いても出てくる、頭ががんがんする、吐き気がする、

 吐く、体がだるいなどの症状がある場合は

       ↓↓

 水分塩分を補給足を高くして休む

(重度の場合)

意識がない体がけいれんする呼びかけに対し返事がおかしいまっすぐに歩けない

 走れない体を触ると熱いなどの症状がある場合は

      ↓↓

脇の下足の付け根などを水や氷で冷やしましょう

 そのうえで、救急車を要請しすぐに病院を受診しましょう

 

予防

・エアコンを上手く使う

高齢者や持病のある方は、暑さで徐々に体力が低下し、室内でも熱中症になるリスクが高くなります。

周りの方も、高齢者のいる部屋の温度に気を付けることが大事です。

・水分をこまめに補給する

汗には塩分が含まれています。大量の汗をかいたら、水分とともに、塩分も摂りましょう。喉が渇く前に水分を取ることが重要です。

ビールなどアルコールを含む飲料は、体内の水分を出してしまうため水分の補給にはならず、逆に危険です。

また、高齢者は暑さやのどの渇きを感じにくい傾向がありますので、こまめに水分を補給しましょう。

・おかしいと思ったら病院へ

めまい、頭痛、吐き気、倦怠感などの症状から、重度の場合には意識を失い、命が危険になることもあります。

「おかしい」と思ったら、涼しいところに避難し、医療機関に相談しましょう。

・周りの人にも気配りをしましょう

自分のことだけでなく、ご近所で声を掛け合うなど周りの人の体調にも気を配りましょう。 スポーツ等行事を実施するときは

気温や参加者の体調を考慮することで熱中症を防ぐことができます。

 

熱中症についてしっかりした知識を持ち、対策を知っていることはとても大切です。

家族方が熱中症なった場合や外出中などその場面に遭遇した際はしっかりと対処できるようにしましょう。

 

 

まちの整骨院はLINEからの予約も受付けております😊

コロナウイルス感染予防として安心して治療を受けて頂けるように

院内の換気・アルコール消毒など徹底して診療しています。

痛みでお困りの際は、ご連絡ください!

「LINE キャラクター」の画像検索結果

     友達登録はこちらから

        👇👇

    https://lin.ee/pC1mp5a