まちの整骨院 GOMグループ 株式会社グローバル・オリエンタル・メディシン

人・街・元気に!まちの整骨院グループ

高野台

コロナウイルスについて ②

2020.04.11

こんにちは😃

高野台まちの整骨院の鈴木です!!

 

4月8日(水)に、緊急事態宣言が発令され更に今後の生活に不安を抱いている方が多いと思います。

感染予防対策を引き続き行って頂くのと

ニュースや住んでいる地域の情報を取り入れて状況を把握して下さい。

 

今回は、新型コロナウイルスのニュースで

カタカナで表記される多くのコロナ用語

カタカナばかりで分からない、馴染みがなく意味がわからないという人も少なからずいると思います😌

その人達のために、おさらいしていきましょう💪

 

①コロナ

ギリシャ語の「corona」からきています。意味は、「王冠」・「光の輪」

コロナウイルスは、拡大すると王冠、太陽の形に似ていることから由来されています。

 

②オーバーシュート

感染者が爆発的増加することです。

オーバーシュート=over shoot(度を超す、行き過ぎる)

 

③クラスター

集団感染のこと。ニュースでは、クラスター感染とも言われます!

クラスター=cluster(集団、群れ)

 

④パンデミック

感染病が世界的大流行すること。

パンデミック=pandemic(全国的に広がる、広範囲に及ぶ流行病)

 

⑤ロックダウン

都市を封鎖すること。

ロックダウン=lock down(緊急時における封鎖政策)

 

⑥テレワーク

場所や時間にとらわれない働き方のこと。

テレワーク=tere(離れた所) ワーク(仕事)を合わせた造語

外出自粛に伴い、テレワークを実行してきる会社が多いようです。

 

以上、6つのニュースでよく使われるコロナ用語の紹介でした😌

毎日のように、ニュースでやっていますが1人1人コロナウイルスに関して真剣に向き合い対策していくことが大切だと考えています💪

外出自粛やお家にいる時間が多くなり、精神的に辛くなってしまう時があると思います。

その時は、散歩をしてみたり外の空気を吸って気分転換をしてみてください!!

 

今週も、お身体に気をつけてお過ごし下さいね☺️